トップページ → 思春期ニキビと大人ニキビは違うもの

思春期ニキビと大人ニキビは違うもの

ニキビの種類を分けるには、その状態による分類をする場合もありますが、原因から分類することもできます。たとえば、思春期ニキビと大人ニキビは原因が違うので別の種類のニキビと考えることもできます。

 

思春期ニキビは10代の思春期に出来るニキビで、多くの人は人生で始めてニキビに遭遇するようになります。この原因としては成長期の皮脂の過剰分泌で、これは成長ホルモンの分泌が原因となります。成長ホルモンは皮脂腺も刺激するため、皮脂が過剰に分泌されやすく、それで未発達な毛穴が詰まってしまい、原因菌であるアクネ菌が繁殖しやすくなるのです。それがニキビの炎症を作ってしまうのです。

 

これはホルモンに原因がありますから、ホルモンバランスが整ってくる20代には思春期ニキビは出来なくなっていきます。

 

大人ニキビは食生活や生活習慣の乱れから生じるもので、肌のターンオーバーが乱れたり肌のバリア機能が低下するために、アクネ菌から生じる刺激に弱くなってしまって発生するニキビです。

 

大人ニキビと思春期ニキビの違いは発生箇所にも現れます。思春期ニキビの原因は過剰な皮脂分泌ですから、鼻やTゾーンから頬といった皮脂の多い部分にできますが、大人ニキビはアゴやフェイスライン、そして首筋などに出て行きます。これはホルモンバランスの影響を受けやすい部分だからと言われています。

 

このように原因が違いますから、当然対策も違ってきます。思春期ニキビには皮脂対策が有効ですが、大人ニキビは生活習慣の改善によって肌の抵抗力を高めることにつきます。