トップページ → 生理前になるとあごニキビができやすくなる原因

生理前になるとあごニキビができやすくなる原因

女性で生理前になると、肌があれてしまったり、ニキビができてしまったりするという人は多いでしょう。このような肌トラブルに悩んでいる女性というのはとても多いです。

 

生理前にこのようなトラブルが起きやすいのであれば、自分でケアをするよりも病院で適切な治療を受けるようにしましょう。ニキビに悩んでいるのであれば皮膚科を受診するようにして、生理前の症状がひどいのであれば婦人科も受信をするようにした方がいいでしょう。

 

通常の場合はニキビが出来ることなんて殆ど無いのに、生理前だけに限って大人ニキビができてしまうのはホルモンバランスが大きく乱れてしまうことが原因になっています。このような原因を改善させるためにはどのようにしていけばいいのでしょうか?

 

排卵が終わると高温期になるのですが、この高温期の頃というのは、黄体ホルモンが活発に分泌されるようになり、逆にエストロゲンの分泌量が減る仕組みになっています。

 

エストロゲンと言われる女性ホルモンは、保水力を維持したり、バリア機能を保つなどといった働きがあるのですが、分泌量が少なくなってしまうと、角質が固くなってしまって毛穴を詰まらせてしまったり、肌の水分が失われて乾燥してしまうことになります。これがにきびになってしまう原因になっているのです。

 

逆に黄体ホルモンというのは、活発に皮脂を分泌させる働きを持っています。ですので、どんどん皮脂が分泌されるようになってしまって、毛穴が詰まりやすくなりますし、アクネ菌の餌になってしまうのです。その結果、生理前になるとあごニキビなどができやすくなってしまいます。

 

生理前ににきびになってしまう人の多くは、生理が終わってホルモンバランスの状態が再び整えられると、ニキビも解消されるようになります。整理が終わった頃によって、エストロゲンの分泌量が増えていき、反対に黄体ホルモンが分泌されにくくなるからです。